ブログ一覧

市民センターの建築物定期点検業務

 建築基準法第12条第2項の規定に基づく建築物の敷地及び構造に係る定期点・・という業務のお話しです。

 地域の市民センターから、その定期点検業務を承り、何日かかけて建物の調査を行いました。自分も市民として時々利用している施設ですけれど、初めてじっくりと施設内を視ました。築29年・・・息子と同じくらいのお歳の施設。それなりの疲れが溜まっていらっしゃるのも当然ですね~。^^;

 そういえば、息子が保育園に通っていた頃、ここの多目的ホールで発表会があったっけ。。。舞台の上で一人小太鼓叩いたけど、半拍遅れの音が響いて・・大丈夫かいなぁ(汗)と、親の方がドキマギしたわ。

 ・・ってな感じで思い出に浸ってちゃあ、調査にならない。とりあえず、打診棒とクラックスケール片手に、首からデジカメ提げて・・。一日中動き回ったら、あぁ、腰が痛い~。だって29年だもの、自分にもそれなりの疲れが溜まっている訳ですよ。・・人は、それを称して歳を取ったと言う。。。( ̄д ̄ )チッ・・

 本日やっと調査が終わりました。市民センターの館長さんをはじめ、職員皆様、お世話になりました。有難うございました。
 でも、これで終わりとはいかなくて・・・データをまとめた報告書作成はこれからです~。

2017年02月23日

御手洗「旧金子家」文化財保存修理 見学

 呉市豊町御手洗。江戸時代からの町並みが残る「重要伝統的建造物群保存地区」です。この地区の旧金子家で、呉市が文化財保存修理を行っているところを見学するという所長の予定に、便乗してきました。

 文化財保存修理というのは、根気のいる細かい作業の連続で、補修を行われている職人さんは本当に大変! こんなボロボロのものが…と思いますが、それでも残せる部分は残して取り継いだり、貼り付けたり。時間も掛かる訳ですね~。^^;
 この旧金子家にある茶室は、全国で唯一現存する、江戸期の上田宗箇流の茶室と云われているそうです。補修工事が終われば、公開予定もあるとか。

御手洗地区 案内板

2016年09月04日

金属造形家 木本一之展

 安芸高田市立「八千代の丘美術館で、金属造形家 木本一之さんの展覧会(4/22~6/13)が催されているということで、少しばかり足を延ばして行ってきました。以前、何度かお会いする機会があり、展覧会案内のハガキも頂戴していたので・・・(^^ゞ
 木本一之さんは、北広島町にアトリエを構えて活動されている芸術家で、多くの賞を受賞されている方です。また以前、建築家 石山修氏とコラボされたこともあります。とても気さくな人柄で、当日たまたま美術館展示室にいらっしゃったので、お話しもできて良かったです。今後も、ご活躍を期待しています。(^^)ノ

八千代の丘美術館 中庭と展示室(中庭を囲み15棟の個別展示室があります)

2016年05月13日

社会福祉法人政樹会さんの特集記事

 「ひろしまの国保2016年5月号」に社会福祉法人政樹会(呉市)さんの特集記事が掲載されました。記事中の「カフェごはん」というレストランがあるハレルヤという施設は、当事務所で設計監理を行い、2013年に竣工した建物です。竣工時、広島県建築士会の会報「建築士HIROSHIMA7/2013」に掲載した紹介ページがありました。その中で、この建物に対する私たちの想いを記載していますが・・・3年が経過した現在、その通りに交流の場として利用されていることを知り、本当に嬉しく感じました。里村施設長さんをはじめ、施設スタッフ皆さんの頑張りの賜物と思います。今後も政樹会さんの益々のご発展を祈念致します。
 余談ですが・・同記事中にある呉ベタニアホーム長迫も、私たちが携わった建物です。(^^ゞ

ひろしまの国保2016年5月号(抜粋)

ひろしまの国保2016年5月号(抜粋)

ハレルヤ竣工

ハレルヤ竣工(建築士HIROSHIMA7/2013掲載)

2016年05月11日

サイト管理人について

 このサイトの管理人は、田村和正建築設計事務所の管理建築士です。建築士であり、主婦であり、母であり・・・ついでに祖母でもあり・・・。^^;
 雑多なことに悪戦苦闘する毎日ですが、建築への想いがある限り頑張りたいなと思う昨今です。

2016年03月13日